ゾーンスキャンALPHA ‐ 恒久的ネットワーク監視

恒久的かつ持続的に無収水を減らすための一体化された高度な水損失管理システムとして、ゾーンスキャンAlphaを導入する賢明な都市がますます増えています。ひとたび設置されれば、このシステムは監視管網下全ての漏水を自動的に通知し、そして同時に全ての漏水の正確な箇所を知らせます。それからソフトウェアが検証及び修理作業の管理をサポートし、過去の全ての事象を追跡することにより施設にとって最適な資産管理ツールを提供します。

なぜゾーンスキャンなのか?

  • 完全に自動で無人:システムの導入は、対象管網の適切な範囲及び信頼できる通信を確保するため、GUTERMANNが実施もしくは監修します。漏水は自動的に発見・特定されるので、正確な漏水検知を行うための人為的な更なる現場介入は必要ありません。漏水管理者には、漏水発生後数日以内に通知されます。高度なスペクトル分析によって、漏水音以外のノイズやその他の干渉は自動的に除外されます。
  • 完全な設計: ゾーンスキャンALPHAの技術は、長年に渡る厳密なハードウェア及びソフトウェア工学の成果です。GUTERMANNの比類なき通信と相関技術における専門知識、そして最高品質の材質と社内で設計及び製造された主要部品(無線モジュールなど)の使用を組み合わせることによって、本製品は世界でも類を見ないものとなっています。弊社の高性能センサーは、-20°Cから+80°Cの温度に耐えられるよう設計され、バッテリーの寿命は交換が必要になるまでに最低でも5年間はもつように試験が行われています。
  • 固定ネットワークの利点:漏水調査や相関を行うのに必要な人員の削減という明白な利点とは別に、固定ネットワークの導入メリットは、配置ミスの減少や長期間で得られる膨大なデータのおかげで正確な結果を提供できることです。これにより、より小さく難しい漏水でも発見・特定することが可能です。早期発見し漏水の修理を行うことで漏水の流出時間を減らし、より大きくてより危険な管の破損を防ぐことができます。その結果、継続的に水損失を減らすことができます!
  • ゾーンスキャンプラットフォームのモジュール性:ゾーンスキャンの導入は、お客様の特定のニーズ、サイズ及び利用可能なインフラに適合させることができます。20から数千に及ぶ測定点のエリアをカバーできます。既存のAMIまたは都市のWi-Fiネットワークを利用してデータを送信することができます。コンピューター上で弊社のソフトウェアを利用してネットワークデータを保存、表示するか、またはオンラインでブラウザを利用して弊社の安全なゾーンスキャンNETサーバーでネットワークデータにアクセスするのを選ぶことができます。
  • 自己学習システム:ゾーンスキャンALPHAのソフトウェアは、時間をかけてより効率的になるよう設計されています。獲得した過去の漏水やノイズデータの膨大なデータベースにより、ノイズ(例:レジューサー、変電所、ポンプや減圧弁からの雑音)、実際の音聴ファイルや管の性質(年数、材質など)などの具体的な現地の観察記録を加え、強力で自己学習力のある資産管理ツールを作ることができます。時間をかけて、配水管網全体の完全な管理ができるようになるでしょう。イベント発行モジュールは、効率的に問題を解決するのに役立ちます。
  • システムの完全な透明性:専用の「メンテナンス画面」は、ゾーンスキャンネットワーク全体の完全な概要を提供します。個々のシステム構成に対して、操作者は出力レベル、温度やノイズレベルデータ、ファームウェアのバージョン、直近の通信の日付などの情報を検索することができます。システムは、センサーまたはリピータのいずれかに問題(低バッテリーレベル、古いファームウェア、盗難にあったもしくは動かされたロガー、欠陥のあるセンサーもしくはアンテナ、または極端な温度)があれば、自動で警告を発します。
  • 魅力的で多彩なユーザーインターフェース:既存の全管網情報、それぞれの高性能センサーの位置、そして全ての漏水の兆候はグーグルマップのインターフェースに表示されます。各センサーは、個別に調査されるかまたは他のセンサーと相互に相関することができます。専用の画面によって操作者は高度なフィルタリングとスペクトル分析を行うことができ、そして独自の「漏水スコア」は、漏水の可能性がある状況に関する助言や確実性を提供します。管ウィザードは、取り込まれたGISデータ内の正確でない管網の情報を調整するのに役立ちます。
  • イメージの向上:独自のゾーンスキャンAlpha固定ネットワーク監視技術を導入することにより、無収水を大幅にかつ継続的に減らし、また重大な損害を生じさせるより大きな管の破損を予測するのに役立ちます。また、高度な水損失管理の市場において最善の解決策を得ようと努めている近代的で、効率的かつ環境に配慮した組織であるとみなされるでしょう。

 

 

 

 

システム構成

監視エリアの規模及び具体的な環境に応じて、必要となるこれらのユニットの数は異なります。

  • ゾーンスキャン820無線相関ロガー
  • 無線リピータ
  • 通信リンク
  • 「Alpha」ユニット
  • 耐久性の高いPDA

 

 

仕様

  • 侵入保護: ロガーとリピータに対してはIP68(2メートル)、Alphaに対してはIP67
  • バッテリー寿命:ロガーとリピータは5年間
  • 構造:アルミニウム(さらにリピータには個別のUPVC(無可塑ポリ塩化ビニル)ケース)、Alphaには繊維強化の紫外線に強いプラスチック
  • 寸法: ロガー‐10cm x 4cm (4 x 1.6インチ)、リピータ‐19.5 x 5 x 5cm (8 x 2 x 2インチ)
  • 重量: ロガー‐310グラム (0.7ポンド) 
  • 温度範囲: ロガー、リピータ、Alphaは-20ᵒ~+80ᵒC(-4° ~+176°F)
  • 通信:ロガー、Alpha間は双方向独自無線、AlphaからコントロールセンターはGPRS

ダウンロード/リンク

» カタログ (新しいカタログは間もなく入手可能です)
» ケーススタディ
» お客様の声
» ゾーンスキャンNet安全なオンラインアクセス