アクアスキャン620L - ノートパソコン型漏水探索相関器(または相関式漏水探索機)

超コンパクト設計で使いやすい アクアスキャン620Lは最先端のコードレスセンサーと高度な「自動フィルター」を駆使したノートパソコン型相関器です。

製品の特徴

  • 相関検査未経験者でも簡単に漏水を特定できます。
    アクアスキャン620Lのソフトはギューターマンの大幅に改良されたJavaベース・ソフトウェアプラットフォームを使用し、最上位機種相関器であるアクアスキャンTM2と同じ、シンプルで操作が簡単なユーザーインターフェースを採用しています。さらに他にも最上位機種と共通の特徴を搭載しており、ギューターマン最新世代のノートパソコン型相関器はベテランからビギナーの方まで、さまざまな操作者にとって非常に効果的です。
    高度に洗練された「自動フィルター」が最適な周波数帯域を自動的に選定して増幅し、強調されたピークを生成します。もう漏水ノイズ源を特定しようと手動フィルターを調節する必要はありません。漏水の有無が曖昧になることもありません。アクアスキャン620Lがそれらをすべて自動で行い、また一度の相関で複数の漏水を特定することもできます。
  • さまざまな使用状況に柔軟に対応します。
    多才なノートパソコン型相関器アクアスキャン620Lは、あらゆる標準的な状況に対応できる万能型相関器です。アクアスキャンの加速度計センサー一体型送信機を駆使して、どんな素材であれ確実で高精度の結果をもたらします。必要に応じ、特に樹脂管や大口径管の場合など高い感度が求められる場面でより確実な結果を出すために、アクアスキャン620Lとギューターマンのステンレス製水中聴音器センサー「ハイドロフォン」を併せて使用することができます。
    また、軽量で低コストのウルトラブックやタブレットであれ、高性能で頑丈なタッチスクリーンPCであれ、Windowsベースであればお好みのどんなコンピュータ上でもソフトを実行できます。
    ご要望があればギューターマンでは上記コンピュータのご提供も可能です。
  • 完全コードレスなので素早く安全に操作できます。
    アクアスキャン620Lは伝説的な相関器として高い実績を誇るアクアスキャン610のコードレスセンサー技術に基づき設計されています。加速度計センサーと一体化した送信機は完全ワイヤレスでアクアスキャンノートパソコンリンクやノートパソコンと情報をやり取りします。そのため操作者は相関作業中にマンホールの蓋を閉じることができ高い安全を確保し、またケーブルにつまずく危険もありません。操作中に必要となる場合がある唯一のケーブルは、オプションの水中聴音器「ハイドロフォン」をセンサーにつなぐケーブルのみです。
    この特性は長時間の相関作業には大いなる手助けとなります。またこれにより、アクアスキャン620Lは最も厳格な公共事業および請負業者の安全衛生規則に適したものとなっています。
    さらに作業器具の数が少なく非常にコンパクトで可搬性にも優れています。
  • 最新のソフトウェア技術を利用しています。
    最新のギューターマンノートパソコン型相関器ソフトは業界最先端の相関アルゴリズムを基に作られています。前述の「自動フィルター」が曖昧さを取り除き、自動的に素早く結果を提供します。「ノッチフィルター」機能が高調波を含め音響スペクトルから電気ノイズを除去します。きれいで見やすい相関画面にコヒーレンス分析、クロス・スペクトル分析、および2センサー・スペクトルが表示されます。これらすべての表示のON/OFFは作業のどの段階でも簡単に切り替え可能です。相関ファイルは保管、その後の分析または再相関のため、あるいは第三者やギューターマンの専門家によるセカンド・オピニオンのために、保存およびデータ転送が可能です。
    他のギューターマン製品同様、アクアスキャン620Lはファームウェアおよびソフトのアップデートを製品がある限り無料で受けることができます。

システム構成

1 x 車載アンテナ付き相関受信機(ノートパソコンリンク)

1 x ステレオヘッドフォン

2 x 送信加速度計センサー

1 x 受信機とセンサー用の3つのコネクタ付き12V車両用充電ケーブル

1 x 100-240V ACアダプター 

1 x 取扱説明書

2年間保証

 

オプション機器:

1 x 高性能で頑丈なタッチスクリーン式WindowsタブレットPCおよびホットスワップ可能なバッテリー2本

1 x 低コストの事前設定済みノートパソコン

1 x ステンレス製水中聴音器

1 x 相関器キャリーケース

ダウンロード/リンク

» パンフレット (brochure in English)
» 推薦文を読む
» 見積を依頼する